JWCAD AutoCAD VectorWorks SketchUpマンツーマン個人レッスンと出張講習会

AutoCADで住宅図面作成レッスン・立面図・断面図

AutoCADで住宅の立面図・断面図を描く

AutoCADの住宅図面作成マンツーマン個人レッスン

オートキャドで住宅図面を描きましょう。平面図から立面図、そして断面図や展開図、設備図や敷地配置図、矩計図などの意匠図面に加えて建具表や納まり詳細図なども描くことができます。お客様のプランや平面図をお持ち込みいただければ一緒に描きながらレッスンいたします。平面図の作成が完了し今度は立面図と断面図に挑戦してみます。

立面図を描きましょう

AutoCADの初期設定を終え、一階と二階の平面図、屋根伏図も描きました。次は平面図や屋根伏図を元にして立面図や断面図を描いていきましょう。必要なレイヤはその都度追加してください。平面図ほど画層の数は多くないはずです。平面図を描いた同じファイルを使うのでモデル空間の縮尺は1:50でそのまま進めます。1:100に出力したい場合は図面を描いた後にレイアウトで設定できます。

必要なグリッドや通り芯・エレベーションを描く

まず、このプランで描きやすい南立面図から描きましょう。ここでは平面図と同じ図面枠とグリッドを使います、新たに通り芯を追加し、エレベーションを描きます。エレベーションは立面図に必要な建物の高さ関係の水平線です。GLから始まり基礎高さや1FL、2FL、最高軒高などを描いておきます。必要に応じて窓の内法線(窓の高さ)も描いておくと便利です。

屋根形状を描きます

木造住宅の立面図で一番大切なのは屋根です、陸屋根でない限り勾配が付きますので軒の納まりや軒の出、屋根厚などを考慮して描きましょう。ここでは一階屋根はありませんが下屋根がある場合も注意して描きましょう。屋根と同時に簡単な外壁線も描いておきます。屋根形状が難しい場合は屋根伏図を参考にして描くとよいでしょう。建物を立体的に考えるのは訓練が必要ですが徐々に慣れていきます。屋根形状がうまく描けなくても棟の位置と高さに気を付けて描けば問題ありません。

ドアや窓をいれましょう

建物の屋根と外形線ができたら、窓やサッシドアを入れましょう。ここでは車庫シャッターがあるので片方は閉まっている絵にしてあります。引き違い、片開、両開き、上げ下げ、Fixなどの窓を描きます。データをダウンロードしてもよいですが、通常のサッシなら描いてもそれほど時間はかかりません。サッシはグループ化して使いましょう、幅や高さの可変はストレッチコマンドをうまく使って使いまわしをしてください。

寸法や記号を入れましょう

バルコニーなども描き建物が完成したら外構工事や車など大きさがわかるものを配置します。絵が一通り完成したら寸法や記号を入れます。エレベーションの寸法や勾配記号などを入れて間違いがないかを確認します。この立面図の上部に平面図を貼り付けて必要な線を下におろしてくるという描き方もあります。これは間違いが少なくなるのでとても良い方法です。慣れてきたら平面を図面上に配置しなくても手元に置いた印刷物だけで立面図が描けるようになります。

ハッチングをしましょう

図面が完成したら最後にハッチングをしましょう、具体的には屋根線や外壁のサイディングやタイル模様です。必ず屋根や窓位置などに間違いがないか確認してからにしましょう。ハッチングのレイヤーはもちろん別にしておき、変更などに対応出来るようにしておきます。AutoCADのハッチングはオブジェクトになっており、外壁などの仕様が変わっても簡単にハッチングスタイルで変更できます。

側面からの立面図も描く

南立面図ができたら、その右側に並べて東立面を描きましょう。要領や手順は南立面図と同じです、必要な寸法や図形などは南立面図からコピーできるので早く仕上がります。屋根形状も南立面図から棟の高さなどを引いていけば楽にできるはずです。複雑な屋根や東立面の屋根が先に必要な場合もあります、その際は南立面図と東立面図を並べて同時に屋根を描くという方法もあります。寸法やハッチングまでいれて完成させましょう。

残りの二面は先に描いた図面を左右反転させる

次は順番的に北立面と西立面図を描きますが簡単な方法があります。南立面図と並んだ東立面図を下にコピーしそれぞれの建物をミラーコマンドで反転します。そうすると建物の外形線と屋根の外形線はそのまま使えるはずです。あとは手順に沿って同じように描いていけば楽に完成できます。

断面図を描きましょう

立面図ができたら、それを利用して断面図を描きましょう。展開図も描き方は同じなので挑戦してみてください。平面図から立面を描くには立体的な感覚が必要になりました。建築が初めての方には少し慣れが必要ですがそれほど難しくはないと思います。断面図は立面図と違い内部の状態を描いてきます。南立面図をコピーして利用します。平面図に描いた断面記号に沿って切断して部屋の内部から見た様子をそのまま描きます。

立面図をベースに断面図を描く

建物の壁や屋根の外形線は立面図を利用して、室内の外形線は新たに描きます。床と天井、壁を描いて部屋の断面を描きます、窓の切断面があれば窓の縦断面も描きます。断面図は部屋のエレベーションに注意して描きましょう、窓や内部ドアの内法線は初めに入れておくとよいでしょう。室名と部屋の天井高さは必ず入れます、ドアや窓、巾木や廻縁などの見えかかり線も描きましょう。

縦方向の繋がりが分かる断面図にする

断面図では立面図よりも立体的に考えることが必要になります。特に段差がある部分は大切なので必ずわかる部分を描きましょう、必要に応じて寸法も記入します。バルコニーや玄関の段差、フラットなのか、勾配が付くのか、またぐのかなどの判断になります。階段部分は少々面倒ですが建物を理解する上で必要です、蹴上や踏面なども頑張って描きましょう。

平面図との照合、チェック

立面図や断面図ができたら平面図との照合チェックをしましょう、立面図で検討して変更が出た場合は平面図にも変更部分を落とし込みます。住宅図面に変更はつきものです、変更に素早く対応できるようにレイヤ構成なども考えておく必要があります。

レイアウトで印刷する

それぞれの図面が完成したらレイアウトで印刷してみましょう。レイアウトにビューポートを作りそれぞれのビューポートに縮尺を設定します。1:50で描いた立面図も1:100で印刷することも可能です。印刷したいモデルを表示させ印刷設定を行ったらプレビュー確認して印刷をします。レイアウトや印刷設定は別途説明いたします。

AutoCADで住宅立面図・断面図まとめ

  • 平面図の図枠やグリッド・設定を使う
  • グリッドや通り芯、エレベーションを描きます
  • 屋根形状と建物外形を描きます
  • 窓やドアの配置と外構工事などを追加
  • 寸法や勾配記号などを描く
  • ミラー反転などを使い4面立面図を完成させる
  • 立面図をベースにして断面図を描きましょう
  • 断面図は天井高さやレベルに注意して建物内部を切断して描きます

AutoCADレッスン フレンズへ問い合わせ

〒186-0003
東京都国立市富士見台1-8-44
フレンズ

JR南武線谷保駅北口徒歩5分、谷保第一公園前、ダイヤ街商店街の入口です

東京国立のCADスクール フレンズです、CADレッスンのことなら何でもお問い合わせください。マンツーマン個人レッスンから出張レッスン、集団講習、社内研修、Zoomを使ったオンラインCADレッスン承ります。

お問い合わせメールフォーム


    教室個人レッスン出張個人レッスンオンラインレッスン出張講習会・研修会オンライン講習会・研修会その他


    JWCADAutoCADVectorWorksSketchUpその他