JWCAD AutoCAD VectorWorks SketchUpマンツーマン個人レッスンと出張講習会

AutoCADで住宅図面作成レッスン・初期設定

AutoCADで住宅の平面図・立面図・断面図を1日で描く為の初期設定

AutoCADの住宅図面作成マンツーマン個人レッスン

オートキャドで住宅図面を描きましょう。平面図から立面図、そして断面図や展開図、設備図や敷地配置図、矩計図などの意匠図面に加えて建具表や納まり詳細図なども描くことができます。お客様のプランや平面図をお持ち込みいただければ一緒に描きながらレッスンいたします。まずは図面を描く前の初期設定を行いましょう。

図面を描く前にAutoCADの設定を行います

AutoCADはいきなり図面を描くことはしません、まず初めにいくつかの設定を確認し図面の縮尺や寸法、文字の設定、レイアウトや印刷設定を追加します。AutoCADの設定は難解で厄介だと言われてきましたが、異尺度対応の設定を使うことで簡単にクリアできます。わかりにくいと懸念されるレイアウトも使ってみましょう、使い慣れると非常に便利です。まずは二階建ての木造パネル工法の住宅を1:50スケールで描いてみます、図面簡略化のため細かい寸法は丸めてあります。

レイヤーの設定を行います

はじめに想定されるレイヤーを設定しましょう、AutoCADではレイヤーの事を画層と呼んでいます。レイヤは後でも追加出来ますが基本的なものをとりあえず幾つか作っておきましょう。
画層プロパティのボタンをクリック、ウインドウが開きますので新規画層の追加ボタンからレイヤーを追加します。(四つ並んでいるボタンの一番左)
画層が追加されたら名前を付けましょう、日本語でも可能ですが名前は上下の並び順に影響します。上に表示、もしくは順番に表示したい場合は頭に数字やアルファベットを付けて順番をコントロールできます。
画層に名前を付けたら画層の色を設定します、そのあとは線種、そして線の太さ。まずはここまで設定しましょう。線種はデフォルトではソリッドラインしかありません、CenterやHiddenなど考えられるものは追加しておきましょう。

AutoCADのByLayerという考え方

AutoCADはByLayerで描くと言われています・・・どういう意味なのか?

AutoCADの図形プロパティを見るとデフォルトでByLayerになっています、これは図形の色や線種、太さは画層プロパティで設定した通りに描かれるという意味です。逆に言うと、それぞれの画層の中で図形ごとに色や線種を変えたりしません、ここがJWCADなどと違うところです。色や線種を変えたければ、その都度新規レイヤーを増やすという考えで作られています。同じレイヤーで色や線種を変えたくなりますが混乱のもとになるのでByLayerの基本思想で描いたほうが良いと思います。ブロックを使った時にはByBlockという設定方法もあります。AutoCADのレイヤーは250以上もあります、あまり作りすぎるのもいけませんが1レイヤー1色、1線種の考えで描きましょう、レイヤーは必要になったら追加してください。

モデル空間で注釈尺度を設定します

注釈尺度を設定します、この注釈尺度の説明は別ページで説明していますのでご確認ください。

注釈尺度は簡単に言うと寸法や文字の尺度です、モデルの図形の尺度の事ではありません。AutoCADの図形は1:1の実寸で描きます、これは他のCADでも同様です。

しかし、文字や寸法も実寸で入れると図形に対する寸法値が小さくなってしまうため、縮尺に合わせて文字や寸法の大きさを調整するのが注釈尺度となります。実際に用紙を決め縮尺を決定した後に図面を描きますが、ここの注釈尺度には出力する際の尺度を入れておくと考えてください。都度縮尺を変更しても異尺度対応の注釈は自動で可変します。

異尺度対応や注釈尺度の話はこちら

AutoCADの注釈とは・・・

AutoCADの注釈は文字・寸法・引き出し線

AutoCADは他のCADとは違う言い回しなどがあります、寸法や文字などの設定は注釈タブに切り替えて操作しましょう。ホームタブからでも寸法は入りますが、注釈タブには図面を書くための図形以外の補足するツールが入っていると思ってください。主に文字や寸法の入力に使いますが、引き出し線や中心線、表を挿入することもできます。また、文字や寸法の設定もこのタブから行います。

注釈の文字を設定確認する

AutoCADの注釈タブをクリックして注釈設定を行いましょう。注釈タブでは文字や寸法、引き出し線の設定や確認が可能です。

文字はデフォルトからAnnotativeに変更します。このスタイルは異尺度対応になっています。スタイル名の頭に三角スケールの断面のようなマークが付いているものが異尺度対応となります。

Annotativeのままでもよいですが、フォントを変えたい場合は変更したいスタイルから新規作成で新たにスタイルを派生させることが可能です。ここではMSPゴシックを使ったスタイルを作っています

注釈の寸法スタイルを設定確認する

AutoCADの寸法スタイルがどうも苦手だ、よくわからないといったお客様が多いです。確かにデフォルトではわかりにくいですよね。

文字同様に異尺度対応のAnnotativeを使います、そのまま使うよりAnnotativeをベースにして新規作成する方がよいです。ここではAnnotativeからAnnotative2を作りシンボルを矢印から小黒丸に変更しています。

AutoCADで図面準備の初期設定まとめ

  • 描く図面に合わせてモデル空間の注釈尺度にスケール・縮尺を設定する
  • レイヤー画層の新規追加と色や線種、線の太さなどの基本設定を行う
  • 注釈タブから文字の設定を行う、異尺度対応のAnnotaitiveなどを使う
  • 注釈タブから寸法の設定を行う、異尺度対応のAnnotaitiveなどを使う

AutoCADレッスン フレンズへ問い合わせ

〒186-0003
東京都国立市富士見台1-8-44
フレンズ

JR南武線谷保駅北口徒歩5分、谷保第一公園前、ダイヤ街商店街の入口です

東京国立のCADスクール フレンズです、CADレッスンのことなら何でもお問い合わせください。マンツーマン個人レッスンから出張レッスン、集団講習、社内研修、Zoomを使ったオンラインCADレッスン承ります。

お問い合わせメールフォーム


教室個人レッスン出張個人レッスンオンラインレッスン出張講習会・研修会オンライン講習会・研修会その他


JWCADAutoCADVectorWorksSketchUpその他