就活に効く作図力を身につけましょう

作図力+CAD基本操作で就職・転職へ

作図力を養うレッスン

CADスクール フレンズは図面を描く事を目的としたCADスクールです。建築、機械、土木、設備、電気などの各分野に対応した図面を描く実践型CADレッスンとなります。そのため、CADの機能を全て使う学習は行いません。なぜならば、図面を描く為にCADソフトの機能を100%使用する事はないからです。仕事や業務での図面作成は如何に正確に速く図面を描く事、これが重要です。CADの操作が全てできる事や使わない機能を覚える事ではありません。

正確に速く図面を描く為には如何に描かないか、という事が重要です。少々おかしな表現ですが、同じ図形は二度と描かずにコピーや複写、ブロック図形化しそれを無駄なく使用し同じルーチンを単純に繰り返す事。いわゆる作図する為には頭より手を使う事です。ただし、図面を描く準備や段取り、図面読み込みの下準備には時間をかけます。このときに既に頭に作図のイメージができていれば後は手を動かすだけです。

要するに図面のイメージは作図前に終わらせておき、後は手を動かして完成図面に近づけるだけです。

作図や設計のお仕事でCADを使い図面を描く仕事はたくさんあります。募集もたくさんありますが、サイクルが早いのがのこ業界の特徴です。という事は、一旦アルバイトや社員で入社しても業務で戦力にならない人材だったので再度募集した・・・と思われます。残酷なようですがこれが現実でもあります。どんな図面でも対応でき、就職や転職で即戦力になる為にCAD操作と作図能力を身につけましょう。

図面を描く事は難しいのか?

図面作成は難しいか?

よく問い合わせを頂きます。そして、よくわかっていない部分でもあります。CADの操作は大変難しい、そして図面を描くなんてとんでもない事だ・・・と。

本当にそうでしょうか?

例えば、ワープロソフトや表計算ソフトはどうでしょうか?文書を作る、関数を使った表を作ってグラフ化する・・・難しい事でしょうか。それは、そのドキュメントによる、といえるのではないでしょうか。複雑な図形や表を取り込んでミリ単位でDTP化したWord文書はそれなりに時間がかかり難しいかもしれません。しかし、ある程度のラフがあり必要十分なテキストやファイルが全て揃っていたらどうでしょうか?あとは簡単なWordの操作が可能であればあまり時間をかけずに仕上がるはずです。全くなにも資料がないところからテーマだけを与えられれば作成は難解としか言いようがありませんが、描くものが決まっていたら、ラフスケッチや寸法が決まっている現場調査した手描き図面があればどうでしょうか?

あとはCADソフトの10%の機能を使うだけで作図すればいいだけです。図面を描くという事はそういう事だと思います。与えられた資料や図面を読解する力とCADの基本操作で描けない図面はありません。

図面を読解する・作図するコツをつかむ

作図のコツをつかみましょう

いきなり見た事もない図面を渡されて、その図面の修正や訂正、又は発展図面や組み合わせて図面を仕上げる。そして資料だけを与えられて必要な図面を描き提出用に何枚も仕上げる。実際の業務はそのような作業がほとんどです。講師自身もCADで図面を作成する業務を毎日15年も行って参りました。全ての業務に精通する訳ではありませんが、ある分野の特定図面を描く作図に関してはプロかもしれません。

CADオペーレーターの仕事や設計補助やトレースという名目で就職・転職の募集はあります。慣れない業務ではじめは戸惑うかもしれません。そこに描かれた難解な図形はどうやって作図するのだろう?・・・ご安心ください。図面は直線と円とテキストの集合体です。まっすぐな線、曲がった線、文字の入力・・・たったこれだけで図面はできています。

ただし、その図面を時間を描けて作図する訳にはいきません。そこで、この図面はどうやって描かれているかを読み取る力が必要になる訳です。これは正直言ってたくさんの図面に触れる、見る、読む、描くことで力を養うしかありません。しかし、就活している身でそんなにたくさんの図面に触れる時間はないはずです。また、どうやって図面を手に入れてそれを読んでいいかもわかりません。

そこで

たくさんの図面に触れたかのような、もしくはたくさんの図面を読み込んできたと同等のレッスンを数時間で行います。CAD経験者、設計経験者の方は図面読み込みに慣れていて無意識のうちに図面の読み込みができています。それを体系的にわかりやすくレッスンをさせていただきます。どんな業務でもそうですが、図面の読み込みや作図にも確かにコツのようなものが存在します。その作図力のコツをレッスンでつかんでいただきたいと思います。

作図のコツをつかんでしまえばどの業種に転職や就職しても作図する図面は違うだけで描き方は同じなのです。

設計力がないとCADや作図できないというのは本当か?

設計する力が必要か

よくこんな質問をいただきます。建築分野のCADオペレーターや設計補助の仕事に就きたいが、建築の資格や建築の知識は必要か?もしくは機械分野の仕事でも実務経験はある程度必要か?

確かに知識や経験は無いよりはあった方が良いに違いありません。

しかし、その分野の専門知識というのは簡単に身に付くものではなくじっくりと学んでいき経験していくものだと思います。即効性のある知識もあると思いますが、深い知識を得るにはそれなりに時間がかかるものです。

しかし、経験や知識を手に入れている時間はありません。

設計ができないとCADを使えないというのは嘘です。AutoCADやJW-cadのような汎用CADはIllustratorなどと同じで単なるドローソフトです。設計を行ってくれる、図面を描いてくれる補助機能のような専門CADは別に存在しますが、それでも必要事項の入力をしなければ完全に自動で図面を出力してくれる訳ではありません。

設計を行う、設計する担当者は別に存在します。CADを描いて図面を仕上げる人間とは別です。設計者から指示を受け、図面を読み込みCADで仕上げる為に特に設計の知識は必要ありません。また、いきなりそこまでの責任は負わせないでしょう。設計者から渡された図面の意味を考えて読み込みする作図力があれば十分でしょう。実践で力をつけて設計者になれば良いと思います。